心筋梗塞 前兆 予防 原因 治療

心筋梗塞の前兆や予防方法/原因を知り治療をしていこう

心筋梗塞というのは誰にでも起こる可能性がある病気のひとつです。
致命傷になる可能性もありますのでしっかりと予防や対策をする必要があります。

 

当サイトでは基本的なことから掘り下げたことまで解説しています。
他のページでも詳しい状態などについて解説していますのでご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

【心筋梗塞とは!?】

 

心臓に栄養、酸素などを供給する冠動脈が狭窄や閉塞を引き起こすことによって血液が心臓へ届かなくなることによって虚血状態になることを指します。
簡単に説明すると血管内で血液が詰まり、心臓に血液が届かなくなる状態のことです。

 

【原因】

 

動脈硬化の進行、血管内のプラーク(脂肪の塊)が破れることによって血栓ができてしまい血液を滞らせることによって起こります。

 

「要因」

・高血圧
・糖尿病
・肥満
・コレステロール値が高い
・喫煙
・遺伝
・ストレス

 

このような状態の場合にはリスクが高まります。
高血圧、糖尿病などによってリスクが高まり、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れがきっかけとなって起こる場合が多いです。

 

さらに性格でも起こりやすい人がいます。

 

・短気な人
・ガツガツ仕事をする人
・責任感が強い人
・人と競争する人

 

原因にはこのようなことが考えられます。

 

【前兆・症状】

 

心筋梗塞を発症する場合には狭心症を起こすことが多いです。
まず代表されるのは以下のような症状になります。

・代表格である胸の痛み
・呼吸困難
・吐き気や嘔吐
・背中、肩の痛み
・冷や汗
・歯の痛み
・手の小指の痛み
・不整脈

 

特に胸の痛みというのが一番強く出ます。
これは一部ではなく広範囲に広がるもので押されているような圧迫されている痛みだと言われています。

 

基本的には数分で収まることが多いようですが30分以上継続する場合には病院へ行きましょう。
場合によっては救急車を呼び対応する必要もあります。

 

スポンサーリンク

 

【治療方法】

 

主な方法は3種類です。

 

「薬物治療」
冠動脈の血管を広げたり血栓を溶かす、心臓の負担を減らすために薬が使用されます。
種類

硝酸薬、βブロッカー、カルシウムブロッカー、抗血小板剤、血栓溶解剤など

 

「カテーテル療法」
局所麻酔によって腕や足の付け根などの動脈からカテーテルを挿入し血管を拡張させます。
この方法が最も多く行われています。
種類

バルーン治療、ステント治療があります。

 

「外科手術」
現在ではカテーテル療法が優れており、手術はカテーテルで改善されない、もしくは再発の恐れがある場合に行われることがほとんどです。
簡単に説明すると詰まってしまった血管を迂回(バイパス)させて血液を流します。
そのためバイパス手術とも呼ばれます。
全身麻酔によって胸を開き心臓の手術を行うものになります。

 

【予防方法】

 

上述したように動脈硬化や高血圧、糖尿病などが発症させる要因になります。
予防方法を5つ紹介しましょう。

 

「血圧を下げましょう」
血圧というのは心臓から血液が送られる量や硬さなどのことを指します。
動脈硬化によって血管に負荷がかかることによって破れやすくなってしまいます。
そのため適度な運動や食事などによって血圧を下げることがリスクを減少させます。

 

「コレステロール値、中性脂肪値を下げましょう」
中性脂肪やコレステロールは冠動脈内に脂質の塊を作ってしまいます。
心筋梗塞の原因である血栓も出来やすくなってしまいますので下げましょう。

 

「血糖値を下げましょう」
血糖値が高いと血管が傷ついてしまい、そこにコレステロールなどが付着し脂質の塊が出来やすくなります。

 

「禁煙」
喫煙は数多くのリスクを高めます。
特に動脈硬化を進行させることにつながりますので禁煙をしましょう。

 

他にも予防方法というのはさまざまなことが考えられます。
塩分の摂りすぎには注意する、栄養バランスを考える、適度な運動、ストレス発散、規則正しい生活、健康診断など

 

心筋梗塞だけに言えることではありませんが規則正しい生活、バランスの良い食事、ストレスを溜めないということは健康に生きていくうえで最も重要なことになります。

 

【まとめ】

 

60歳〜70歳の人が一番多い年代になりますが30歳を過ぎたあたりから徐々にリスクは増えていきます。
また20代でも発症する可能性があります。

 

身近な人で起こった場合には素早く救急車を呼ぶ、意識がない場合にはAEDを装着することが重要です。
治療や対処は1秒でも早い方が助かる可能性も上がります。

 

予防することも大切ですが起きた場合の対処についても学んでいきましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。