心筋梗塞 リハビリ 期間

心筋梗塞後のリハビリに必要な期間/退院後の仕事や食事は?

スポンサーリンク

 

心筋梗塞を起こした後に、日常生活を送るためにはリハビリが必要になることがあります。
その期間は人によって異なりますが、根気強く日常生活動作を取り戻すことが、これからの人生を前向きに考えるきっかけになるでしょう。

 

 

【生活に影響する手足のリハビリ】

 

心筋梗塞後に行うリハビリとしては、生活面での影響を与える手足の運動訓練が主体です。
自立した生活を送るためには、麻痺が生じた部分の機能回復に勤めなければなりません。
その期間は入院中だけでなく、外来通院も行いながら回復を目指します。

 

 

心筋梗塞によって脳が障がいされると、その影響が全身の運動に及びます。
手足に麻痺が起こると、今まで何気なくできていたものが崩れてしまいます。
それを取り戻すのは、機能訓練を主体としたリハビリを長期間行わなければならないのです。

 

 

【言語機能にも影響が及ぶかもしれない】

 

心筋梗塞が主たる原因であっても、血液の循環が一時的に低下してしまい、脳が甚大なダメージを受けることがあります。
そんな時に機能回復を試みるのですが、全てが完璧な状態で保管されているわけではありません。

 

 

言語機能など、コミュニケーションに関係する部分が障がいされることもあるので、こちらもリハビリを行う判断をしなければなりません。
その期間も症状によって異なるので、検査を行って大よその実施期間を考えてもらいましょう。

 

【リハビリ期間はどれくらい?】

 

まずは急性期
基本的に治療が終わるとリハビリへと入ります。
この期間を急性期と呼びます。入院中に1〜2週間ほどリハビリを行っていきます。
基本的には入院中の日常生活を行うことが主体となります。

 

ベットから起きる上がる、トイレに行く、シャワーを浴びるなどすべてがリハビリとなります。

 

次に回復期
退院してから社会復帰までの2〜3ヵ月ほどの期間が回復期です。
自宅や病院に通院してリハビリを行っていきます。
食事の指導や今後の生活指導、社会復帰への不安などを取り除いていく期間です。

 

継続的に
後遺症や再発のリスクがなければリハビリは終了しますが、終わらない場合には継続して行っていく必要があります。
食事改善、運動療法などで継続していく場合もあります。

 

期間の目安は上述したように発症してからおよそ2〜3ヵ月の間に行います。

 

スポンサーリンク

 

【心筋梗塞から期間を経てわかること】

 

心筋梗塞が起こっていると、どうしても命が優先のように勇敢に立ち向かっていくのですが、実際には根気強くリハビリを行わなければなりません。
その期間は果てしなく長いというケースも存在しますし、発症から治療がスムーズに行われたケースでは、早い段階から気持ちの変化が汲み取れるでしょう。

 

 

心筋梗塞は適切な対処ができていれば、命を繋ぐことはもちろん、リハビリを実施しなければならないような障がいを残す心配もいりません。
全ての人が同じような対応ではなく、リハビリ期間の設定や訓練の頻度を考えてもらうと、日常に不便さを感じることがない未来が待っているかもしれません。

 

 

【まとめ】

 

心筋梗塞を患って回復に至るまで、症状の重さでリハビリの期間が異なります。

 

日常生活動作に不便さを感じないくらいにまで機能を向上させるには、コツコツ地道に行動を起こさなければなりません。
どんな状況においても、強い志で臨みましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。