狭心症に効くいろいろなツボ

狭心症に効くいろいろなツボ

スポンサーリンク

 

東洋医学では、狭心症は胸の痛みとして捉えていきます。
そこで、ツボを押して対応していくということもおこなわれているのが特徴です。
狭心症に効くツボを押さえておくことができれば、痛みが出た時などにも対応することができるようになるでしょう。

 

 

【東洋医学での考え方】

 

東洋医学には、実証と虚証という大事な考え方がありますが、狭心症の場合には胸がもだえるようにくるしい、発作的な痛みということを実証とします。
虚証は、めまいや耳鳴り、動機や息切れということから、さまざまな臓器を保養するということを考えるところがポイントです。

 

 

【発作が起きた時には5分が重要】

 

狭心症の場合には、発作が起こったときの対処として、5分以内に医療機関を受診するということが適切な方法であるといえます。
内科や循環器系の医療機関となりますが、できるだけ体を動かさずに薬を利用する必要があるでしょう。
その時に、体を動かすと悪化させるため、常に利用できるように持ち歩くことが重要です。

 

スポンサーリンク

 

【足は順番に】

 

足には、心臓に関するツボがあります。
足の甲の側には狭心症に効くとされているツボがリスフラン関節の上になる小指側側面あり、その裏側にも存在します。
ただし、左側にしか効く部分がありません。
次に腹腔神経叢と呼ばれる足の指を曲げた時にできるくぼみの部分にあるツボを押します。
ここまでは脾臓に効くツボですが、次に足の裏の親指側付け根付近である土踏まずとの境目当たりに心臓に効くツボがありますので、これを優しく押すといいでしょう。

 

 

【腕にもいくつかある】

 

腕にも狭心症に効くツボがあります。
腕の裏側の手首から指5本分ひじ側にある内関やひじと手首の関節の中央から指1本分手首側にある?門が有名です。
心臓疾患に対応できるところになってきます。

 

 

狭心症に効くツボはいくつかありますが、薬を所持しておき、いつでも対処できるようにして置くことが大切です。
特に重症化すると、発作が長くなることもありますし、頻繁に発生することになるため、病院での診察も考えておくことが必要でしょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。