狭心症の症状のひとつとなる熱が出るのはなぜ

狭心症の症状のひとつとなる熱が出るのはなぜ

スポンサーリンク

 

狭心症の場合、症状として息苦しさや動悸、締め付けられるような痛みが代表的なところです。
焼けるような痛みや体のしびれといったことも現れますが、発熱や冷感といったことも起きることを理解しておかなければいけません。

 

 

【外因性で起きる理由】

 

人間が発熱するということは、脳の視床下部にある体温調節中枢が指令を出し、体が働いているという状況です。
狭心症の場合、動脈硬化によって心筋への血液の流れが止まってしまい、細胞が壊死してしまうことになります。
そうなると、発熱物質であるリボ糖類が遊離して発熱を招くことになります。
これが症状のひとつである外因性発熱物質です。

 

 

【内因性で起きる理由】

 

もうひとつ、内因性発熱物質があります。
心筋梗塞で組織が壊死するというところまでは変わりません。
この組織を白血球が貪食し、発熱物質を放湿することになりますが、これを内因性発熱物質と呼んでいます。
これも狭心症の症状といえるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【放散痛との関係】

 

熱を感じるということは、その部分の筋肉に血液が流れていないか、血液自体が不足しているということを示しています。
狭心症の中でも放散痛と呼ばれますが、症状として肩や左胸、みぞおちといった部分に痛みが発生することがあるため注意が必要です。

 

 

【血液の流れが回復すれば戻る】

 

実際に血液の流れが回復すれば、狭心症の症状はすぐにおちついていきます。
これは、血液の流れが完全に止まってしまっている状態ではなく、回復する状態にあるということを示しているからです。
もしも、15分以上続く場合には、心筋梗塞の可能性も高いということで、早めに医師の診断を受ける必要があるでしょう。

 

 

狭心症には、さまざまな症状が存在します。
その症状ごとに意味を持っているため、正しく理解して対処する必要があるでしょう。
特に頻度が増え、発作の時間が長くなっている場合には、狭心症から心筋梗塞の疑いも強まるため、早めの検査が必要です。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。