狭心症で使われるステントの寿命

狭心症で使われるステントの寿命

スポンサーリンク

 

狭心症には、さまざまな治療法があります。
原因である血管を広げるために使われるステントもそのひとつですが、寿命がある点に注意しなければいけません。

 

 

【血管を拡張させる】

 

狭心症は、動脈硬化が原因のひとつであり、血栓を取り除いた後に血管を拡張させることが必要になってきます。
収縮しているためですが、いったん拡張させてもまた収縮しては意味がありません。
そこで、ステントを使って固定することになりますが、繊維質の素材を使っているため、体に負担がないものの寿命があるのが欠点です。

 

 

【寿命がくれば再発する可能性が高まる】

 

ステントが寿命を迎えるということは、血管が再び収縮することになります。
つまり、狭心症が再発するということです。
ステントは血管の中に固定されているものですので、生活習慣によって寿命は大きく変化することになります。
繊維質であるため、凹凸が存在しており、血液が濃くなると付着してしまい、血栓ができやすくなるのが問題です。
これも寿命を下げてしまう原因です。

 

スポンサーリンク

 

【定期検査が重要】

 

ステントの寿命を判断する方法としては、狭心症の定期検査が重要です。
この時にステントの劣化に関する検査もすることができます。
長く安心していくためにも、問題となる血栓を作らないことが重要になってくるため、生活習慣を改善させることが重要といえるでしょう。

 

 

【長期間使える素材も】

 

ステントの寿命が訪れた時には、交換や除去といった治療方法がとられます。
狭心症の治療としてどんどんと進化が進んできており、劣化を抑える素材で作られるなど劣化に対する対策もおこなわれてきているため、安心して長期間使えるようになってきてもいるのは間違いありません。

 

 

狭心症の治療方法として、ステントは重要な意味を持っています。
カテーテル手術で使っていくことになりますが、血管を収縮させないのですから、継続的に大きな効果をあげられる方法です。
それだけに、生活習慣の改善を考え寿命を延ばすことが、狭心症の対策ともなっていくことは間違いありません。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。