狭心症は血液検査で異常数値が見られるか

狭心症は血液検査で異常数値が見られるか

スポンサーリンク

 

辛い発作を伴う狭心症は、状況によっては長時間続き、死に至ることさえ出てくる怖い症状です。
痛みの種類や症状によってさまざまな分類もできますが、そもそも狭心症かどうかを血液検査の数値によって判断することができます。

 

 

【検査は問診から】

 

狭心症の検査には、必ずおこなわれることがいくつかあり。
問診もそのひとつです。
いったいどんな症状が出ているのかを判断していき、疑うべきかどうかを判断する情報として活用されます。
そのほか、各種心電図を取って数値などによって判断することが重要です。

 

 

【狭心症と血液検査】

 

狭心症の場合のみでは、血液検査での数値に異常が見られないことがあります。
実際に発見が難しいこともあって、心電図なども検査内容に含めているといえるでしょう。
この段階で発見することが重要なことになるのは、心筋梗塞の場合には、血液検査でクレアチニンキアーゼの数値に異常が見られるようになるからです。

 

スポンサーリンク

 

【心筋梗塞の疑い】

 

狭心症ではなく、心筋梗塞の場合には血液検査に異常が出てくるのかといえば、心臓の細胞が壊死してしまっているということがあげられます。
壊死によって酸素が血液中に流れてくるため、数値の異常が発見できるということが重要です。
正常値は30から120ということですが、夕方のほうが高くなりやすく、女性の場合には妊娠中や生理中には正常な数値が出にくいという問題もあります。

 

 

【異常がなくても】

 

血液検査だけでは、狭心症の発見にはつながりにくいことは間違いありません。
これも特徴のひとつだからです。
疑いがあるという場合には冠動脈造営CT検査なども必要で、カテーテルで検査する場合もあります。

 

 

血液検査で正常値が出たとしても、狭心症の疑いが高い可能性があれば、さまざまな検査を組み合わせていくことが重要です。
特に心電図の異常は系が見られるようであれば、すぐに治療も始めていくべきでしょう。
異常数値が見られる場合には、心筋梗塞などの問題も疑っていくことになります。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。