心不全患者の余命が気になる?肺に水がたまる状態

心不全患者の余命が気になる?肺に水がたまる状態

スポンサーリンク

 

心不全と診断されてしまった人の2人に1人が、5年以内に死亡すると言われています。

 

医学的な見地から考えた、これから先の病気の見通し、または、予測を予後と言います。
心不全患者さんの予後は、残念ながらいいとは言えません。
すなわち、いったん心不全と診断された人の平均余命は、それほど長くないと思われます。

 

 

【肺に水がたまる状態】

 

心不全などの心臓の病気は、肺に水がたまる肺水腫という状態を、導きやすいです。
「肺に水がたまるの?」と思われる方も多いと思いますが、“肺に水がたまる”という表現を厳密に言うと、肺胞内に体液がたまることです。

 

 

【肺に水がたまる?】

 

肺に水がたまるなどと尋常ではない表現を聞かされて、余命が頭をちらつき始める人もいるかも知れません。
しかし、医師ですら余命を完全に、または、そこまでいかなくても、相当な率で言い当てることは不可能です。
医師の余命宣告的中率は、約35パーセントという研究もあります。

 

 

肺に水がたまる状態など、一般人の親族からすると、とんでもない状態にも思えますが、余命宣告など3回受けたら、2回は外れるものと、前向きに考えるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【緩和ケア】

 

日本人の死亡原因1位は、男女を問わずがんです。
がん治療においては、緩和ケアという概念が定着しています。
緩和ケアでは、ある程度の余命が見えてきた人に対して、残された時間を有意義に生きるためのケアが行われます。

 

 

【心不全患者の家族にも】

 

病名は心不全(日本人の死因第2位は、心不全も含めた心疾患です。
)、肺に水がたまる状態、余命宣告など、ショッキングな報告を聞かされてきた患者本人や家族に対しての、精神的なケアも行われます。
治療は継続されます。
その結果生活のクオリティーがアップし、前向きに生きられるようになります。

 

 

心不全から肺水腫になった段階では、症状はさほどでもないとする向きもあります。
心不全が改善すれば、肺水腫もよくなり、快方に向かう可能性は否定できません。
余命宣告や緩和ケアとは無縁で、自宅に帰ってこられる可能性も、ゼロではないのです。
最後まで、プラス思考でいることが重要です。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。