心不全末期ステージの余命

心不全末期ステージの余命

スポンサーリンク

 

日本人の死亡原因第1位はがんで、それに続くのが心不全を含む心疾患です。
アメリカの学会では心不全の症状を、AからDの4つのステージに分けています。
ステージCなら、息切れなどしながらも、通院を一定間隔で行えている、心不全の患者のことです。

 

 

【ステージD】

 

末期の心不全とされているのが、ステージDです。
症状が進行した心不全の死亡率は高く合併症併発もあります。
ステージDだからと、治療法がゼロになったことと、イコールではありません。
末期のステージDの患者さんは、強心薬を投与されているなどされている状態です。
それでも余命はほんの少しと、患者の親族も本人も、さじを投げるまではしないで下さい。

 

 

【医療機関側は余命を】

 

ただ医療機関側は、患者の余命も考慮しながらの、緩和ケアや終末期ケアを、末期患者に対しては考えるようになります。
緩和ケアがスタートされるのは、症状の進行が改善されることはないと、判断されたときからです。
あらゆる手段を用いて、生活クオリティーの改善が図られます。

 

スポンサーリンク

 

【余命数週間?】

 

これに対して終末期ケアは、余命数週間と判断されたときから始められ、余命数日と思われるときまで行われます。
この段階に近くなってきたと思われても、心不全患者の年齢が若いとか、治療による改善が見込まれるなどとか判断されれば、積極的に治療が行われることもあります。

 

 

【医療とケア】

 

終末期医療ということばは聞いたことがあっても、終末期ケアということばは、聞いたことがないという人も、多いかも知れません。
心不全に限らず、病気はすべて終末期に入ると、治ることはありえないと、医学的には考えられます。
そういう意味では、終末期“医療”は正確ではなく、“ケア”を使うべきだとも思われます。

 

 

余命を本気で考えざるを得ないと判断したときには、延命治療をやめてもらう時期を、医師に告げなければなりません。
延命治療には、心肺蘇生と人工呼吸療法があります。
心肺蘇生は、呼吸や心臓が止まったときなどに行なわれ、人工呼吸療法は、呼吸支援のために行なわれます。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。