重症度の高い心不全にかかったら、余命はどれくらい?

重症度の高い心不全にかかったら、余命はどれくらい?

スポンサーリンク

 

心不全と聞くと、命に関わる重大な病気というイメージがとても強く感じられるかと思います。
1度心不全を起こしてしまうと、あと余命がどれくらい残されているのかと心配になられるでしょう。
重症の心不全を起こした際の余命がどの程度なのか紹介します。

 

 

【予後と余命】

 

重症度の高い大きな病気を患ってしまうと、どうしても気になるのが後どれくらい生きられるのか、という「余命」についてです。
また、似たような言葉で「予後」という言葉があります。
余命は漢字が表わしているように、「残りの命」という意味ですが、医師によっては余命ではなく予後を使って「予後は半年程度です」といった使い方をする人もいます。

 

 

「予後」とは本来はある病気を発症してからの、「今後の病状の見通し」について表わす言葉で、「予後が良い」と言えば今後病気が良くなる可能性が高い、「予後が悪い」と言えば病気が悪くなる、生存確率が低いといった意味で使われます。
「予後は半年」という言葉だけでは半年のうちに良くなるのか悪くなるのかわかりにくいですが、余命という言葉を遠回しに使うことがあります。

 

スポンサーリンク

 

【心不全の予後】

 

心不全の予後は、一般には悪いと言われています。
心不全の原因となる心臓病や、重症度によって異なりますが、安静時でも心不全症状が起こるほどの重症の場合は二年以内に約半数の人が亡くなると言われます。
また、安静時に症状が無くても疲労や軽い動作を行った際に症状が出ている人が、1度でも安静時に症状を引き起こしてしまった場合でも5年以内に半数の方が亡くなられているようです。
重症の心不全を引き起こす前の段階で予防や治療に取り組むことが重要になってくると言えるでしょう。

 

 

現在日本では心臓の病気を患う人の数が増えているそうです。
1度でも重症度の高い心不全を引き起こしてしまうと、それだけで5年生存率が50%にまで下がってしまいます。
そのため、重症になる前の予防や早期の治療が余命を伸ばすためのポイントになります。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。