心不全の恐れがあるものと特に心配しなくてよい不整脈の違いとは

心不全の恐れがあるものと特に心配しなくてよい不整脈の違いとは

スポンサーリンク

 

安静にしている時に、急に脈が乱れたり飛んだりすると、何か心臓に問題があるのではないかと心配になったことがある人もいるでしょう。
不整脈が起こるとすぐに心不全になってしまうのではという不安が出てしまいます。
心配すべき症状と、そうでない症状の違いについて紹介します。

 

 

【不整脈の原因】

 

不整脈の原因の多くは、心臓とは関係のないところで起きているものです。
多くの場合は心不全などの深刻な心臓の症状とは違い、加齢や体質、ストレスや疲労など様々な理由で誰にでも起こる症状です。
そのため、不整脈があるからといってすぐに心不全になるのではと心配する必要はありません。
とは言え、心臓の病気を持っている人の場合は電気系統が異常を起こしやすくなり、不整脈が出やすい状態なので健康な人と違いより注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

【心配すべき怖い不整脈との違いとは】

 

健康な人でも脈の乱れや飛びは1日の間に数回はあると言われます。
多くの場合は脈の乱れを自覚するような症状は現れません。
しかし、極端に脈が遅くなったり、数秒以上に渡って脈が飛ぶとめまいや意識が遠退く感覚があります。
脈が速くなると動悸や冷や汗、吐き気、意識が遠退くといった症状が出ます。
また、脈の飛びや胸の痛みなどを感じる期外収縮が起こると怖くなりますが、狭心症や心筋梗塞と違い、痛みは数秒からは数十秒程度で治まります。

 

 

これらの問題がないと考えられるものと違い、突然意識を失ってしまうような場合には心不全を起こしている可能性があります。
また、1分間に40を切るような脈拍数になり、強い息切れが起こる場合にも心不全を起こしている可能性が高いです。
失神するような強い脈の乱れや、極端に脈拍数が少なくなるようなことがあれば病院でその原因を調べてもらう必要があります。

 

 

不整脈が現れたからといって、多くの場合はすぐに心不全につながるわけではありません。
しかし、中には本当に心不全の状態が起きているものもあるため、それらの違いを理解し、気になる症状が出た場合には早めに病院で診察を受けることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。