心不全を起こすと肺や胸に水が溜まるメカニズムについて

心不全を起こすと肺や胸に水が溜まるメカニズムについて

スポンサーリンク

 

体から余計な水分が抜けないままになると、むくみが出るだけでなく、胸や肺などにも溜まる状態に陥ってしまいます。
こうした症状は、心不全を起こした場合でも現れます。
なぜ心不全になるとこのような症状が現れるのか、そのメカニズムについて紹介します。

 

 

【心不全とは】

 

心不全とは病気の名前ではなく、心臓が血液を全身に送るポンプとしてのメカニズムが崩れてしまい、正常に動かない状態になった症状のことを表わします。
心臓には体中の血液を循環させるメカニズムがあり、ポンプとして働いている心臓が正常に動かなくなってしまうと、脳をはじめ体の様々な部分に影響が及びます。
心不全を引き起こしてしまう原因の病気には、心臓を動かす筋肉に障害が出る心筋梗塞や心筋症、心筋炎の他、心臓にある弁膜が悪くなったことが原因で起こる心臓弁膜症などがあります。

 

スポンサーリンク

 

【心不全を起こすと肺や胸に水が溜まるメカニズム】

 

心臓の大きな役割は、体中に血液を循環させることです。
しかし、それ以外にも心臓は腎臓とバランスを取りながら体の中に余計な水が溜まるのを防いでくれる役割も担っています。
そのため、心臓が正常に働かなくなるとそのメカニズムが崩れてしまい、排出できなくなった水分が肺や胸、腹などに溜まることになってしまいます。
そして、こうした状態になることで、肺や胸の圧迫感や足のむくみ、運動時の動悸や息切れなどの自覚症状が現れます。

 

 

【治療法について】

 

心不全が原因で肺や胸に水が溜まる状態に陥った場合、まずは余計な水分を体外へ排出しなければいけません。
治療では、利尿剤で尿として排出させる他、血液透析を使う場合もあります。
こうして肺や胸などに溜まる水分を抜くことで、心臓のメカニズムを正常に戻してやる必要があります。

 

 

心臓には血液を循環させるポンプとしての役割だけでなく、体の水分を調節するという重要なメカニズムを担っています。
心不全を起こすことによってそれが崩れ、胸や肺に水が溜まる状態になってしまうため、自覚できる症状が現れた際にはすぐに病院へ行って適切な治療を受けましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。