心不全の可能性はbnpの数値でわかる!検査の方法や正常値は?

心不全の可能性はbnpの数値でわかる!検査の方法や正常値は?

スポンサーリンク

 

多くの人にとって病気の検査で出てくる数値は、それを見ることでどのようなことがわかるのか、また正常値の範囲内に自分が含まれているのかと非常に気になるものでしょう。
心不全の検査や治療する際に目安となる「bpn」という数値にはどのような意味があるのか、正常値はどれくらいなのかについて紹介します。

 

 

【bnpとはどんなもの?】

 

心不全を判断する際の指標となるのがbnpと呼ばれるものです。
正式名称を「脳性ナトリウム利尿ペプチド」と呼ぶホルモンの一種です。
bnpは、心臓の主に心室で分泌されるホルモンで、利尿作用や血管を拡張させる作用の他、交感神経や心肥大を抑える働きがあります。
bnpの働きによって心筋が守られ、心臓の負担が軽くなっているのです。
そのため、心臓に負担がかかると分泌され、数値が高くなるほど心不全を起こしている可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

【bnpの測り方や正常値について】

 

bnpは血液検査で調べることが可能です。
血中濃度を測り、この数値を見ることによって心臓の状態を判断することができます。
正常値は18.4pg/mLで、これを下回る場合、心不全の可能性は非常に低いと言えます。
18.4pg/mL〜40pg/mLの場合、心不全の可能性は低いが、可能なら様子を見たほうがよいケースです。
40pg/mL〜100pg/mLで軽度の心不全の可能性、100pg/mL以上になると治療が必要な心不全が起きている可能性があるため病院で検査をしてもらいましょう。

 

 

【検査はどこで受ければいい?】

 

bnpの数値は血液検査をすれば判定することができます。
心臓の状態を詳しく見るためにも循環器内科や心臓血管内科などで診察してもらいましょう。
主な検査内容は、問診や聴診器を使った検査を行い、採決やレントゲン、心電図などを見ながら判断します。

 

 

bnpとは心臓から分泌されるホルモンのことで、正常値は18.4pg/mLです。
それ以下の数値の場合、心不全の可能性は低いですが、正常値を超える場合には経過観察や詳しい検査が必要になります。
数値が正常値を上回ってしまった場合には専門医で診察を受けることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。