ストレスが原因で心不全が引き起こされる?その関係性について

ストレスが原因で心不全が引き起こされる?その関係性について

スポンサーリンク

 

仕事や人間関係など、様々な場面で感じているストレスが、心不全のような命に関わる重大な症状を引き起こしてしまう可能性が考えられています。
どのようなケースが心不全を引き起こす原因となりうるのか、その関係について紹介します。

 

 

【心不全とは】

 

心不全とは何らかの原因によって心臓の働きが弱くなり、体中に血液を上手く送れない状態になってしまったことを言います。
心不全を引き起こしてしまう直接の原因として挙げられる病気には、心筋梗塞や狭心症といった虚血性心疾患、心臓の弁の病気、心肥大などの心筋症や高血圧によって引き起こされる病気があります。

 

 

【心筋梗塞とストレスの関係】

 

心臓の病気ですぐに思い浮かぶものの中に、心筋梗塞を挙げられる人も多いでしょう。
心筋梗塞は、動脈内にできたプラークと呼ばれるコレステロールが固まったものが破裂し、冠動脈を完全に塞いでしまうことで心筋に血液が行かなくなり、心筋が壊死してしまった状態のことです。
突然強い胸の痛みや締め付け感が襲い、冷や汗や吐き気、嘔吐などが10分以上に渡って続きます。

 

 

急性心筋梗塞の患者さんとそうでない人のストレスや抑うつ状態について調べたところ、社会的ストレスを感じている人や抑うつ症状を抱える人の方が、およそ1.5倍も心筋梗塞になりやすいという結果も出ています。
心筋梗塞は心不全の原因にもなる病気ですので、ストレスが心臓に大きな負担をかけているという関係性がわかります。

 

スポンサーリンク

 

【災害と心臓病との関係性】

 

社会的ストレスや抑うつ症状と心臓病との関係が明らかになってきつつありますが、大きな災害も心臓に負担をかける原因となることがあります。
大地震などの自然災害や、テロ事件などの人的災害によるストレスと心疾患の関係についての報告もあります。

 

 

ストレスが原因によって心疾患が引き起こされ、それが元になって心不全へと繋がることは様々な調査によって関係付けられてきました。
人間関係や仕事などから発生する社会的なものや、自然災害などが原因で起こる大きなストレスなど様々なことが心臓への負担をかけてしまいます。
不調を感じたら病院で検査を受け、精神的なものが原因となっている場合はそちらのケアも必要になります。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。