心不全で吐き気や嘔吐といった症状は起こるの?

心不全で吐き気や嘔吐といった症状は起こるの?

スポンサーリンク

 

心臓の病気と聞くと、激しい胸の痛みや、嘔吐してしまうといったイメージがある人も多いかと思います。
そのため、突然の吐き気や嘔吐に襲われた場合に心不全ではないかと心配になってしまうこともあるでしょう。
心不全で起こる症状にはどのようなものがあるか、また吐き気や嘔吐を伴う心臓病について紹介します。

 

 

【心不全の症状とは】

 

何らかの原因によって心臓のポンプ機能が弱くなってしまう心不全では、全身に血液を送れなくなってしまうことで体に様々な影響が現れます。

 

 

心臓にはきれいな血液を体に循環させる役割だけでなく、腎臓とバランスを取りながら体内の水分量を調整する働きもあります。
そのため、心不全を引き起こすと体内に余計な水分が溜まってしまい、むくみが引き起こされます。
むくみは顔や足など見える部分だけでなく、全身の臓器でも見られます。
肺に水が溜まることにより、呼吸が上手くできずに咳やピンク色で泡状の痰が出るといった症状も特徴的です。
また、消化器官の粘膜がむくむと食欲の低下や腹部の膨満感、吐き気、消化不良などが起こります。

 

スポンサーリンク

 

【心筋梗塞が原因で引き起こされる吐き気や嘔吐】

 

心不全そのものは病気ではなく、心臓の病気が原因で引き起こされる症状のことを示します。
そして、心不全を引き起こす原因の1つに心筋梗塞があります。
心筋梗塞には激しい胸痛や動悸が5分以上、場合によっては数十分にも及び続き、冷や汗が出たり吐き気を感じることもあります。
また、嘔吐を伴う場合もあります。

 

 

このような症状が続く場合には救急車を呼び、すぐに病院での治療が必要になります。
しかし、心筋梗塞の中には特徴的な激しい胸の痛みが無く、吐き気や倦怠感といった症状だけで気が付いたら進行している場合もあるため注意が必要です。

 

 

心不全の症状は体のむくみや吐き気、倦怠感など自覚していても大きな病気だとなかなか判断できないものも多いです。
しかし、その原因となっている心臓の病気進んでいる可能性があるため、体の不調が見られたら病院で検査を受けることをおすすめします。
また、強い胸痛や嘔吐などを伴うと考えがちな心筋梗塞も、中には胸の痛みも嘔吐もないままで進むケースもあるため注意が必要です。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。