心不全によって咳や喘鳴の症状が起こるのはなぜ?

心不全によって咳や喘鳴の症状が起こるのはなぜ?

スポンサーリンク

 

動悸や息切れが起こると心不全の症状ではないかと不安に思う人もいるかと思います。
その他にも、呼吸が苦しくなったり咳、喘鳴が起こることがあります。
なぜ心臓の機能が低下することによって咳や喘鳴が起きるのか、そのメカニズムについて紹介します。

 

 

【心臓にある左右の部屋の働き】

 

心臓は右上に右心房、その下が右心室、左上に左心房、その下に左心室と4つの部屋に大きく分けることができ、左右それぞれに別の働きを担っています。

 

 

心臓の右側部分は肺へ血液を送り出し、左側部分は全身へと血液を送り出すことできれいな血液を体に循環させる役割を持っています。
心臓の働きが何らかの原因によって衰えてしまい、上手く機能しなくなる心不全でも、心臓の左側の部屋で起こるものと右側の部屋で起こるものによって異なる症状が出ます。

 

 

【心臓と肺の関係】

 

心臓から送り出された血液は体中をめぐり、心臓の右側の部分に戻ってくるとそこから肺へと送られます。
送られた血液は肺で新鮮な酸素をとりこむと心臓の左側へと入り、そこから再び体中へと送られていきます。
心不全によって心臓のポンプ機能が弱くなり、咳や喘鳴が出るような症状が出るのは、心臓の左側の部分の機能が低下したときに起こります。

 

スポンサーリンク

 

【左心不全の症状とは】

 

心臓の左側の働きが弱まってしまう左心不全では、全身に送られる血液量が減少するため、動悸や疲労感、低血圧、冷や汗などの症状が出ます。
また、肺から送られてきた血液が滞ってしまい、肺動脈のうっ血が起こります。
そのため、動悸や息切れの他、血液が混ざった薄いピンク色の泡立った痰が出る、チアノーゼ、咳、喘鳴などの症状が起こります。
心不全によって咳や喘鳴といった症状が起きている場合には心臓の左側の機能が低下していることになります。

 

 

また、左心不全を起こすと、続いて心臓の右側の機能も低下することが多く、これにより尿量が減り、むくみや胸水、腹水が溜まるといった症状が出ます。

 

 

心臓の左側の機能が低下する左心不全を起こすと咳や喘鳴といった症状が出ます。
心不全は一般に予後が良くない病気と言われます。
もし、突然動悸や息苦しさ、咳、喘鳴などが起きた場合には早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。