心不全の治療にかかる費用は重症度や原因によって異なる

心不全の治療にかかる費用は重症度や原因によって異なる

スポンサーリンク

 

もし自分や家族が心不全を起こしてしまったらと思うと不安になる人は多いでしょう。
発症してしまった場合、その治療にはどれくらいの費用がかかるのかも気になるところです。
心不全にはどのような種類があるのか、またその治療法について紹介しています。

 

 

【慢性と急性、心不全の治療法】

 

心不全は、心臓が正常に機能しなくなり、体に血液が上手く送られなくなった状態のことを言います。
心不全には急性のものと慢性のものがあります。
急性のものは、風邪やストレス、投薬の中断など様々な原因が引き金となって起こるもので、突然症状が現れ、多くの場合は数日間の入院が必要になります。
その際には酸素吸入や点滴などが行われます。

 

 

慢性のものは症状の重さに関わらず、一定の状態を保っていますが、突然悪化して急性心不全を引き起こす場合があります。
治療は一般的には投薬で行われますが、症状の程度に合わせて運動を取り入れる場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

【原因となる病気や重症度によって費用は異なる】

 

心不全の治療には、症状を軽くしたり進行を抑えることだけでなく、原因となっている病気を根本的に治す必要があります。
そのため、費用や入院期間などについても一概にどれくらいと言うことが非常に難しいです。
また、症状の重症度や治療法によっても費用は変わってきます。

 

 

重度の心不全で移植しか助かる方法がないという場合、もし国内で心臓移植を行うのであれば、まずは登録料に3万円の費用がかかり、1年ごとに更新料が5千円かかります。
心臓移植に関する費用は保険適用になりましたが、その他にも心臓を運搬する費用に300万円以上(輸送手段や距離などで金額が大きく変わります)、移植のコーディネート料が10万円、臓器を摘出する医師の旅費などかなりの金額になります。

 

 

心臓移植は極端な例になってしまいますが、もし手術や入院が必要な場合、費用はそれなりにかかってしまいます。

 

 

心不全の治療を受ける場合、症状の重症度やその原因によっても費用は大きく変わります。
慢性の場合は投薬治療によって症状を抑えることを優先しますが、急性の場合には入院や元の病気の治療が必要になるため気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。