心筋梗塞 入院 期間

心筋梗塞の入院の期間はどのくらい?

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は状況によっては死に至る病気のひとつではありますが、近年の医学の進歩や医療技術の専門性の発展のおかげもあり、かなりの治癒率になっています。

 

心筋梗塞で手術をした場合には一般的には入院をする事が必要になりますが、期間に関しては治療方法によっても違いますし、個々の身体の状態にもかかわることになります。

 

確かに心臓外科医の技術などによっても数日の差はあるので一概に入院期間が何日という事は決めつける事はできませんが、おおよその目安日数は治療方法により、当日の退院から2週間程度の入院の事もあります。

 

心筋梗塞での入院期間は、来院した時の心筋梗塞が急性期であるかどうかと治療内容によって大きく変わります。

 

急性期ではない場合に用いられる治療で最も効果が期待をできて患者への負担が考慮されている方法がカテーテル治療です。

 

この方法であれば、心筋梗塞の治療といっても入院期間は、他に問題がなければ3日程度の入院ですみますし、中には当日のうちに自宅に帰れるような医療機関もあります。

 

急性の心筋梗塞の場合には10日〜20日ほどの入院となる場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞の状態が急性だったり、重症化が疑われる場合には、バイパス手術を行う事で完治を目指します。
この場合には心臓外科や胸部血管外科といった外科医師による開胸をしてバイパス手術が行われるので、当然手術後は、安静の期間が続きます。

 

傷口の安定や術後の全身管理などの多くのスタッフと医師の管理が必要になりますので、自然に入院期間もカテーテル治療のようにはすんなりと帰宅をする事が難しくなります。

 

カテーテル治療での入院期間が3日程度という人であれば、例え心筋梗塞であって緊急のバイパス手術を行っても予後が安定と傷口の状態がよければ、合併症などの危険も少なくなる事から2週間程度あれば、充分に退院も可能になります。

 

入院時の心筋梗塞の状態や治療内容や方法が最も重要にもなりますが、残りの違いは治療にあたる医師の力や技術の問題になります。

 

専門で年間に数多くのカテーテル治療やバイパス手術を行っている医師であれば、術後の合併症や傷口も少なめになっている傾向があるので、早めの退院も可能になっている医療機関もあります。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。