心筋梗塞 カテーテル 手術 費用

心筋梗塞のカテーテル手術の費用は「制度」の活用で抑えましょう

スポンサーリンク

 

心筋梗塞とは、心臓の血管内に血栓が溜まることにより、血液が滞ります。

 

血液が上手く流れなくなったことによって心臓の筋肉に十分な酸素などが供給されなくなり、心臓が上手く機能しなくなる症状になります。
心筋梗塞の症状が悪化することによって心臓の筋肉が壊死する場合もあります。

 

治療方法は、主にカテーテル手術が用いられます。

 

カテーテルと呼ばれる細い管で、この管を足の太ももの付け根などから血管内に通し、心筋梗塞の原因である血栓を除去します。

 

カテーテルでは、血栓の除去の他に血栓によって収縮した血管の拡張手術も行う場合もあり、拡張にはバルーンと呼ばれる血液を膨らませる手術や拡張した血管を固定させる手術も症状によって行われます。

 

カテーテル手術は、高度な治療になることから治療に掛かる費用は高額です。
およそ40万円〜70万ほどの料金となるのがほとんどです。

 

しかしながら、費用は保険が適用され、高額療養制度についても対象となる治療方法になるので、実際に負担する費用についてかなり抑えることが可能です。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞の治療には、カテーテル手術が行われます。

 

これまでの開腹手術とは異なり、身体を開く場所が少ないことから身体への負担が抑えられるので、術後の快復が早いといったメリットがあります。

 

また、心筋梗塞の治療では、カテーテル手術以外にも食事療法などの指導も行われます。

 

その理由として、心筋梗塞の主な原因には生活習慣が大きく影響を及ぼしており、同時に糖尿病や高血圧などの生活習慣病を発症している場合も多いです。

 

このため、再発リスクが高い症状のため、生活習慣を改善させることによって心筋梗塞の再発を抑えることが出来ます。

 

また、カテーテル手術によって完治しても継続して定期的に検査を行う必要があります。

 

検査には、血液検査から画像診断など心筋梗塞から生活習慣病についても行われることから費用も継続して掛かります。

 

しかし、費用は確定申告で行われる一定額以上の医療費を支払った場合に還付することが出来る制度もあり、費用の一部が戻ってくるので、活用することによって費用が抑えられます。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。