心筋梗塞 意識不明 回復

心筋梗塞で意識不明になった場合の回復について

スポンサーリンク

 

心筋梗塞では、動脈硬化などで冠動脈が完全に詰まることで、心筋に血液が流れなくなって壊死が進行します。

 

このときに重度の不整脈が起こり、心臓の拍動のリズムが不規則になって脈が乱れるので、心臓が停止します。
これを心停止といいます。

 

心筋梗塞で心停止によって脳に血液が流れなくなると、脳の酸素不足から5〜10秒で意識不明になります。

 

心停止から1分経つごとに、死亡率が高くなります。
脈拍が3分で回復した場合の生存率は約7割で、5分で約半分となります。

 

心筋梗塞に早く気付いて、素早く救急車を呼ぶなどの対応が必要になります。

 

意識不明からの回復率は脳のダメージと比例しています。

 

脳への血液が1分以上流れないと脳に何らかの後遺症が残る場合があります。
3分以上だと、脳に相当のダメージを受けることになります。

 

このとき無酸素状態になってしまった場合は、意識不明から回復しても高度の脳障害になることもあります。
異常から心筋梗塞では、脳のダメージの程度と意識不明からの回復率が比例するといえます。

 

心停止した場合でも適切な心肺蘇生法を行うことで多少なりとも脳に血液が流れるようになるので、ダメージを少なくすることができます。

 

スポンサーリンク

 

また、心筋梗塞で心停止から意識不明が回復するかどうかは、脳が受けたダメージの大きさによって変わります。

 

心停止からの時間が同じ場合であっても、心臓マッサージがきちんと行われた場合と、何もやらなかった場合では意識不明からの回復の可否が大きく変わってきます。

 

心筋梗塞が発症した際には近くで気づいた人が周りに声を掛けて、心臓マッサージをする人と救急車を呼ぶ人などの役割を決めて、処置をしていくことが意識不明からの回復のために大切です。

 

心筋梗塞になりにくくするためには、規則正しい生活を送ることが大切です。
喫煙は循環器に良くありません。

 

たばこの煙にはたくさんの物質が入っているで動脈硬化などをもたらします。
たばこを吸うと血圧が上昇して脈拍も増えますし、間接的に煙を吸った人にも影響を与えるのでやめた方が良いです。

 

食事については、ファストフードやインスタント食品やペットボトルのジュースは平均寿命を短くすることにも繋がるので、食物繊維などを多く摂取してバランスの良い食事を心がけることが大切です。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。