心筋梗塞 症状 前兆 背中 原因

心筋梗塞の前兆で背中に痛みの症状がある!その原因とは!?

スポンサーリンク

 

心筋梗塞の前兆として、3人に2人の人に狭心症の症状が現われます。
逆にいうと、3人に1人は狭心症の前兆はなく、突然心筋梗塞を発症するということです。

 

心筋梗塞の前兆となる狭心症の症状については、締め付けられるような胸の痛みや息苦しさが代表的な症状となるのですが、腕や肩、背中の痛みも症状として挙げられます。

 

背中の痛みは、一見心筋梗塞と関係ないように思われますが、心臓とは関係のない離れた部位が痛むことがあり、この前兆症状を放散痛といいます。

 

そもそも心筋梗塞とは、心臓の冠動脈が詰まってしまい心筋に血液が行き渡らなくなることが原因で、心筋が壊死してしまう心臓の病気です。

 

一度壊死してしまった細胞は二度とはもとに戻りませんので、治療は一刻を争います。
重症の場合には命の危険を伴う病気となります。

 

ゆえに、前兆となる症状を見逃さないようにすることが重要となります。
糖尿病患者さんの場合には、胸や背中の痛みなどの自覚症状がない人も存在します。

 

スポンサーリンク

 

急に背中が痛む場合には、心筋梗塞を発症した放散痛の可能性があります。
心臓の病気に限らず、その病気とは関係のない場所が痛む場合はほかの病気でもあります。

 

狭心症もしくは心筋梗塞の放散痛として痛む部位については、背中、歯、上腕、腰、肩、首、顎、右胸、みぞおちなどが挙げられます。

 

重い物を運んだ後など原因が思い当たる場合を除いて、原因の思い当たらない背中などの痛みを定期的に感じる場合には、病院で診察を受けられることをおすすめします。

 

背中の痛みは、心筋梗塞の前兆となります。

 

狭心症や心筋梗塞を発症すると、心臓への血流が滞りますので、結果神経に作用を及ぼし背中痛を感じるようになるというわけです。

 

放散痛とは、実際にその部位に痛みが存在するというわけではありません。
神経が脳にその部位が痛いという信号を送るために、痛みを感じるという仕組みです。

 

もしかすると、ただ単に背中がこっているだけかもしれませんが、命にかかわる病気の前兆の可能性もあるということを認識しておきましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。