心筋梗塞 ステント 余命

心筋梗塞は、ステントによって余命が伸びる!

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は、心臓の血管内に血栓が溜まることによって血液の循環が滞り、滞った血管の周辺の心臓の筋肉が壊死することによって血液を全身に循環するためのポンプ機能を果たせない状態を指します。

 

心筋梗塞の治療には主にカテーテル手術が用いられ、血栓を除去します。

 

しかし、血栓を除去しても収縮した血管は元に戻らないことからステントを用いて血管の太さを固定され、拡張します。

 

ステントの素材には繊維が利用されていることから人体には問題なく、余命を伸ばすことが出来ます。

 

ただし、ステントは血栓が付着しやすいことから心筋梗塞の再発リスクが高まるので、余命にも大きな影響を及ぼします。

 

このため、心筋梗塞を一度発症した場合には、検査設備が整った病院にて定期的に検査を行うことによって未然に防ぐことが出来、ステントの状態も把握することが出来ます。

 

早期発見することにより早期処置ができます。

 

また、心筋梗塞の発症年齢に応じて余命に関するセミナーや心筋梗塞の発症に関連して生活習慣病などの病気についての指導も行われます。
特に最近では食事に関する指導が行われます。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は心臓の病気です。
しかしながら、原因の多くが血管にあることから血管の病気でもあり、治療の時には血管の手術が行われます。

 

手術にはカテーテルという管を血管を伝って原因となる患部の治療を行い、患部の状態によっては血管が細くなっている場合があります。

 

その際にはバルーンと呼ばれる方法にて血管を拡張し、正常な血管の太さまで行うとステントと呼ばれる固定器具を使用して血管の太さを固定します。

 

これによって血管を正常な状態に保ち、心筋梗塞を改善させます。

 

ステントは体内にて固定させますが、人体には影響がない素材を用いているので、安心です。
ステントというのはステンレスなどで出来ている金属製のメッシュ筒で出来ています。

 

心筋梗塞は普段の生活習慣が関係することから再発する可能性があり、ステントの手術を行っていることによってより再発の可能性が高まります。

 

このため、余命を伸ばすために手術後にも定期的な検査を行って心臓や血管の状態を確認します。

 

一般的には、3年から5年以内に発症するケースが多く、さらに余命のために血管に問題が発生しないように血液の流れを良くする薬を常用することになり、最近では余命も伸びています。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。