心筋梗塞 前兆 歯の痛み

心筋梗塞の前兆「歯の痛み」/虫歯ではない?症状が起こる原因と注意点

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は周知のとおり、突発的に発症する病気ですが、前兆がある場合もあります。

 

命に関わる非常に深刻な病気ですので、前兆を見過ごさないことが極めて重要だと言えます。
前兆として、最も指摘されているのが狭心症です。

 

心筋梗塞が心臓への血流が閉ざされ、心筋が壊死してしまう病気であるのに対し、狭心症は、かろうじて血流が保たれていて、よって心筋は壊死していない病気です。

 

つまり、非常に似たような病気であり、そのまま放置すれば、今度は心筋梗塞となる可能性が大いにあるので前兆となるわけです。

 

狭心症の代表的な症状は、胸の痛み、胸がしめつけられるような感じ、押しつけられるような感じです。
これらの症状は似ている病気であるが故に、心筋梗塞と同じ症状となりますから、前兆として分かりやすいと言えます。

 

ただ、一方で、2つの病気の見極めは困難だということであり、その見極めは医師に任せることが最善だと言えますので、前述した症状が出たのならば、とにかく医療機関へ急ぐことが賢明な判断です。

 

スポンサーリンク

 

分かりにくい前兆もあり、その1つが歯の痛みです。
歯の痛みと心筋梗塞は通常の思考回路ですと結びつきませんから、是非とも覚えておくべき前兆です。

 

もっとも、心筋梗塞を発症すると急激に歯が悪くなり、歯の痛みが出るというわけではないのです。
この時の歯の痛みは、脳の錯覚です。

 

神経は複雑になっている場所がありますので、場所によっては脳が痛みを発生している場所を勘違いしてしまうことがあります。

 

心臓の神経は歯の神経に影響を与えやすい場所に位置していますので、脳は心臓の痛みを歯の痛みだと錯覚してしまうことがあるのです。

 

こういったことですので、心筋梗塞のみならず、狭心症の場合でも歯の痛みが発生する場合があります。

 

心臓が原因となる歯の痛みの特徴は、突発的であることはもちろんですが、運動時に発生しやすい傾向にあることです。

 

そして運動を中止し、休憩すると治まるのですが、30分経っても治まらないようでしたら、すでに深刻な状況である可能性が高いと言われていますので、このことを認識しておくべきです。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。