心筋梗塞 意識不明 生存率

心筋梗塞での意識不明の場合の生存率について

スポンサーリンク

 

心筋梗塞とは心臓の筋肉に栄養や酸素を送る冠動脈の血管に閉塞などが起こって血流量が低下し、心臓の筋肉が虚血状態になって壊死する病気です。

 

心筋梗塞で病院到着前に心停止になった患者の約60%が意識不明になって血圧が上昇しなくなって呼吸が停止するので、すぐに処置しなければ心臓が停止します。

 

胸の痛みで苦しくなるなどのおかしな症状が見られたら、すぐ救急車を呼ばなくてはなりません。
心筋梗塞で心肺停止になると、生存率は分単位で大きく低下します。

 

心肺停止から10分以上経過すると、生存率はほとんど0%になります。
また、意識不明になっている時間が長ければ長いほど、意識が戻りにくくなります。

 

ためらわず早急に処置することで生存率が上がります。
救急車を呼ぶだけでなく周囲の人で心肺蘇生を行うことが大切です。

 

AEDが近くにある場合は使用すると効果的です。
装置をセットすると音声に従って電気ショックなどを与えてくれます。

 

心肺停止から何もしないで5分経った後でAEDを使用した場合の生存率は約50%で、心肺蘇生を行ってからAEDを使用した場合の生存率が約70%になっています。

 

迅速な処置ができずに対応が遅れてしまったら、意識不明になるどころか、生存率が下がっていくので早期対応は大切です。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は急に倒れて意識不明になる怖い病気なので、普段の生活から気を付けなければいけません。
意識不明になると回復することが困難になります。

 

心筋梗塞では血管の中で血液が固まって血栓ができるので、心停止して血液が流れなくなって意識不明になります。

 

心筋梗塞になる大きな原因に動脈硬化があるので、動脈硬化にならないように日頃から予防しなければなりません。

 

日頃の生活習慣に問題があることが動脈硬化になる原因であるため、規則正しい生活を行うことが大切です。

 

食事においては、肉よりも野菜や魚をメインに摂取することが大切です。

 

また、ウォーキングなど適度に有酸素運動を行うことで、脂肪を燃焼してコレステロールの上昇を防ぐことができます。
1日20分以上毎日ウォーキングを行うと良いです。
激しい運動をする必要はありません。

 

以上のように心筋梗塞では、症状に気が付いたら早急に対応することで意識不明を防ぎ、生存率を上げることができます。
また日頃から食生活や運動に気を付けることが大切です。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。