心筋梗塞 予後 生活

心筋梗塞は予後の生活も重要/後遺症とリハビリ

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は命に関わる深刻な病気です。

 

心臓は全身に血液を送り出すポンプの役割を担っていますが、その役割は心臓の筋肉、心筋によって実行されます。

 

その心筋が壊死してしまう病気ですから、発症すると全身に血液が満足に届かなくなってしまい死に至ってしまうというわけです。

 

また、心筋梗塞を発症すると心室細動という非常に危険な、致死的不整脈が発生することがよくあります。

 

心室細動は電気ショックでしか止められませんから、あっという間に死に至るということも多いのです。

 

従って、心筋梗塞は発症させてはならない病気であり、そのためには普段の生活に注意する必要があります。

 

生活習慣を改めることで、心筋梗塞の発症リスクを下げることはできます。

 

もし、発症してしまったら、直ちに医療機関へ向かうことが肝心です。

 

発症後、2時間以内に治療により血流が再開できれば、死は免れ、後遺症も残らないで済むとされています。

 

但し、治療を受けて大事に至らずに済んだとしても、予後の生活には注意が必要となります。

 

スポンサーリンク

 

というのも、心筋梗塞は治療を受けても再発する可能性があるからです。

 

退院する際、再発予防の薬が処方されますので、その薬を、確実に服用する生活を予後に送る必要があります。

 

と同時に、生活習慣も予後には改善する必要があります。

 

医師から、予後の生活の指導を受けることになりますので、その指導を真摯に受け入れ、予後は何よりも再発させないことを心がけた生活をするべきです。

 

そして、予後でもう1つ重要なのが、リハビリです。

 

大事に至らなかったといっても、心筋梗塞により心臓は弱くなっています。

 

また、入院していたので筋力、運動能力も弱まっていますので、リハビリをして、それらを回復させる必要があります。

 

リハビリは、精神面にも有効です。

 

心筋梗塞は重い病気ですから、発症すると恐怖や不安に苛まれてしまい、精神的に不安定になり、うつになってしまう人もいます。

 

そういった状況を克服するのには体を動かすことが効果的であり、そういったことからも、予後のリハビリは重要なのです。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。