心筋梗塞 後遺症 リハビリ 方法

心筋梗塞の後遺症をリハビリで克服する方法/しっかりと回復させるために

スポンサーリンク

 

心筋梗塞とは、生活習慣病などによる動脈硬化症が、心臓に発病する疾患です。
心臓の血管が閉塞することで、心臓機能の一部が障害を受けます。

 

どの程度の後遺症を生じるかは、疾患の程度問題ですが、心不全や心房細動の後遺症が残存することがあります。
心筋梗塞を発病しない方法としては、先の生活習慣病を発病しない方法を検討しなければいけません。

 

食事や運動療法などの方法で、心筋梗塞を予防します。
しかし、心筋梗塞が一度発病してしまうと、今後の再発のリスクがつきまといます。

 

そのリスクを予防しながら、リハビリをして、心臓機能を高めるよう取り組む必要があります。
一昔前でしたら、安静にする方法をとられることが多かったですが、医療が進歩した現在は、リハビリによる後遺症の回復が可能になりました。

 

その方法とは、急性期・回復期・維持期によって異なります。
心筋梗塞のリハビリとは、その症状や病気に応じて対処する必要があります。

 

これらのリハビリをすることで、少しずつ社会・職業に復帰する方法をとっていきます。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞の病気によるリハビリ内容を述べていきます。

 

まず、急性期では心筋梗塞発病後、入院期間中のリハビリが中心です。

 

心筋梗塞の病状を理解し、日常生活を安全に行えるようにベッドサイドを中心に行います。
心電図モニターを着用し、後遺症である不整脈の様子をモニターしながら、運動を行います。

 

回復期では、退院後3ヶ月くらいを目処に、後遺症に対してのリハビリを行います。
その方法は、家庭生活に慣れた後の職業訓練・社会復帰に向けてのリハビリです。
ウォーミングアップや持久力運動をメインに、後遺症に対しての維持的な訓練を行います。

 

維持期では、医療スタッフの元を離れて、自宅で運動療法を継続する方法です。

 

心筋梗塞の再発を予防しつつ、自身で安全かつ安定した社会生活を築けるよう、働きかけます。
その後遺症の程度に応じて、ある程度強めの負荷をかけることで、医療的リハビリでなく、社会生活による心臓機能向上に努めます。

 

このように、心臓を休めるばかりでなく、ある程度負荷をかけながら、段階的に社会生活になじむように取り組むことが重要です。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。