心筋梗塞 再発 兆候 予兆

心筋梗塞の再発の予兆はどんな症状?/兆候はあるの?

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は、一度発症すると血栓を作りやすい危険因子を患者さんは有していますので、再発の可能性が高い心臓の疾患となります。

 

特に再発率が高い人は、高血圧や糖尿病の患者さん、悪玉コレステロール値が高い人、喫煙者や肥満体型の人などとなります。

 

心筋梗塞を発症した人は、再発のリスクを軽減させるために、血栓ができにくくなる薬が処方される場合も少なくありません。

 

そもそも心筋梗塞とは、血栓が完全に心臓の冠動脈に詰まってしまい、心筋に血液が行き渡らなくなった状態のことです。
血栓は、動脈硬化や血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れてできます。

 

冠動脈が詰まって心臓に血液が行き渡らなくなると、酸素や栄養素がストップしてしまいますので、細胞が壊死してしまいます。
そして、一度壊死した細胞は、二度と再生することはありません。

 

心筋梗塞には、発症前に前兆と呼ばれる症状が現われる場合も多く、それらの兆候を見逃さないようにすることが非常に重要となります。

 

心筋梗塞の予兆、兆候があった時に病院で検査を受けることができると、適切な治療が施されますので、軽度の心筋梗塞で済むケースも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞の予兆となる兆候については、急に冷や汗が出る、左腕から小指にかけて痛みがある、吐き気がする、虫歯ではないのに奥歯や下あごに痛みを感じるといった予兆の兆候が現われます。

 

また、約半数の方に、呼吸困難や動悸、息切れ、心臓付近の痛み、不整脈、左肩や背中の急な痛みなどの症状が現われます。

 

予兆ではなく心筋梗塞を発症した場合には、胸に激痛を感じるようになり、この激しい痛みは30分〜数時間以上続くようになります。

 

前述しましたように、壊死した細胞は二度と元には戻りませんので、予兆の兆候や再発の兆候を見逃さないようにし、心筋の細胞の壊死を食い止めることが重要です。

 

心筋梗塞の発症後6年以内の再発率は、男性の再発率が18%、女性の再発率が35%となっています。

 

ただし、退院後に90%の患者さんが通院治療を続けているというのが現状ですので、予兆の兆候を見逃すリスクを軽減することができるというわけです。

 

退院後には、定期的な血液検査を受けることによって、動脈硬化の進行度をチェックすることができます。
何かしらの違和感や予兆を感じた場合には、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。