痛風の腫れや痛みが引かない時の対処

痛風の腫れや痛みが引かない時の対処

スポンサーリンク

 

足の親指の付け根や関節に痛みや腫れが生じる痛風はとても辛い病気の一つです。
痛風から来る腫れや痛みが引かないと困ってしまいますよね。
どのくらい経ったら楽になるのか、対処法はないのか調べて今後の為に知識を蓄えましょう。

 

 

【腫れや痛みはどのくらい続く?】

 

痛風になると足の親指の付け根や関節に腫れや痛みが起こります。
この腫れや痛みが続く期間は人によりそれぞれです。
数日で済む人もいれば数カ月経ってもなかなか腫れや痛みが引かないと言う人もいます。
通常は10日から2週間で治まるそうです。

 

 

痛風の発作が引かない期間と体内の尿酸値が高かった期間は関係しているそうです。
体内の尿酸値が低くなれば腫れや痛みが引かない時間も短くて済むと言うことです。
痛風の症状が現れたらすぐに病院で適切な治療と食生活の改善を行いましょう。
早めに対処すればそれだけ早く痛みや腫れが引かない悩みから解放されます。

 

スポンサーリンク

 

【辛い症状が引かない時に効果的な対症法】

 

痛風の症状が足に出ると歩くことだけでなく立ちあがることもできなくなります。
こうなると日常生活にかなり負担が出てしまいます。
患部が辛い時は保冷剤などをタオルで包んで患部を冷やし対処しましょう。

 

 

血行が良くなると痛風による痛みや腫れは悪化してしまうので血流を悪くする工夫が必要です。
横になる時は足を心臓よりも高い位置にあげるようにしましょう。
お風呂に入ると悪化してしまうので、発作がひどい時は体を拭くかシャワーで対処してください。
体に溜まった尿酸を排出するため、水をたくさん飲みトイレに行くことも重要です。
水を飲む時は体を冷やさないためにぬるま湯か常温を飲むようにしましょう。

 

 

【まとめ】

 

痛風による辛い症状が引かない時できる対処法は沢山あります。
病院での治療と併用しながら辛い症状を少しでも改善できるよう対処しましょう。
痛風の一番の対処法は体内の尿酸値を下げることなので日常生活の改善を怠らないようにしてください。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。