心筋梗塞 心肺停止 後遺症

心筋梗塞による心肺停止が長い場合の後遺症/主な症状

スポンサーリンク

 

心筋梗塞とは、心臓の血管内に血栓が溜まることによって血液が流れなくなり、心臓の筋肉が壊死することで心臓の機能が低下する心臓疾患です。

 

心筋梗塞の症状が重症化することによって心臓の機能が完全に停止し、心肺停止の状態となり、意識もなくなります。

 

心肺停止の時間が長時間になることによって後遺症などの症状も引き起こす場合があります。
特に心肺停止による後遺症で多いのが、脳による後遺症です。

 

脳は血液に含まれる酸素などの栄養素を必要とし、心肺停止によって血液が循環されないことによって脳の細胞にダメージを負い、言語障害や身体麻痺などの様々な後遺症を起こします。

 

このため、心肺停止による後遺症を防ぐためにも早めに心筋梗塞を発見し、治療することが重要となります。

 

治療に関しては、早期発見の場合には投薬治療にて血栓を溶かすことが出来ることから治療に掛かる身体的な負担や経済的な負担も抑えることが出来るメリットがあります。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞は、ライフスタイルの変化などによって患者は増加傾向にあり、特に若い年齢層にも増加していることから生活習慣病や現代病としての認知も高まっています。

 

心筋梗塞のリスクには、心筋梗塞による心肺停止といった症状の他に後遺症があります。

 

心筋梗塞は、同じ生活習慣病でもある糖尿病や高血圧といった症状とも密接に関わっていることから多くの方が患わっており、心肺停止になることによって後遺症も発症するケースがあります。

 

最も後遺症として多いのが、麻痺になっており、心肺停止によって脳や神経に障害が発生し、伝達機能が上手く機能しなくなることによって麻痺が生じます。

 

さらに治療に関しても糖尿病や高血圧によって心筋梗塞の治療で行われるカテーテル手術でも使用される医薬品や術式方法も考慮されることから手術リスクも高まり、後遺症が残るリスクも大きくなります。

 

このため、医療機関では治療前に必ず、リスクに関する説明が行われます。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。