痛風の発作が起きる頻度や間隔はどのくらい?

痛風の発作が起きる頻度や間隔はどのくらい?

スポンサーリンク

 

一度痛風になるとどのくらいの間隔で発作が起きるのでしょうか。
頻度が気になるところです。
痛みがひどくなると靴がはけない、歩けないなど日常生活に支障が出てしまいます。
そうなる前に対処して軽いうちに治しましょう。

 

 

【痛風の発作が起きやすい時】

 

痛風の発作は夜中に起きることが多いそうです。
ビールを沢山飲んだり、水分の量が不足している時に痛風の発作が発生しやすいとされています。
症状が現れたら重症化する前に病院に行く必要があります。

 

 

患部を安静にして心臓よりも高いところにあげて血流を悪くするようにしましょう。
辛い時は患部を冷やすと炎症を抑えることができます。
市販の鎮痛剤も効果がありますが、アスピリン系の鎮痛剤は痛風の発作を更に悪くするので使わないように注意をしてください。
鎮痛剤を使った際は医師に薬を使ったことを伝えることを忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【痛みの起きる間隔や頻度は人により異なる】

 

痛風の激しい痛みは発症してから24時間程度だそうです。
発作が起きて2.3日の間隔で痛みが治まる人が多く、ほとんどの場合1.2週間の間隔で症状が治まるとされています。
痛風はこのように痛みが治まることがありますが、尿酸値を下げない限り次の発作が起きる可能性があります。
起きる頻度も多くなる可能性も高いです。
間隔は数ヵ月以内のこともあれば2年以内ということもありますが、1.2週間の頻度で起きることもあります。
頻度や間隔は人それぞれです。
痛みが強くなり歩きづらくなったりする前に病院に行き、体内の尿酸値を下げる治療を受けましょう。
プリン体多く含む食材をを意識して減らすなど食生活の見直しも痛風の発作が起きる頻度を減らす方法としてとても効果的です。

 

 

【まとめ】

 

痛風が起きる頻度や間隔は体内の尿酸値が大きく関わってきます。
尿酸値を下げる治療、生活習慣の改善を行い、発作が起きる頻度が増えるリスクを下げていきましょう。
頻度を下げるために早期発見早期治療を心がけてください。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。