痛風の症状が起きやすい場所好発部位とはどこか

痛風の症状が起きやすい場所好発部位とはどこか

スポンサーリンク

 

痛風の発作が出やすい場所を好発部位と言います。
好発部位はどこを指すのでしょうか。
どうして好発部位に症状が出やすいのでしょうか。
それにはきちんとした理由がいくつかあるようです。
今後の為に好発部位がどこの場所か知っておきましょう。

 

 

【発作が出やすい場所とはどこか】

 

痛風の発作は何の前触れもなくある日突然襲ってくるそうです。
その痛みはとても激しく耐えがたいものだと言われています。
この激痛の原因は尿酸ナトリウムが結晶化した箇所に起きる炎症が原因です。
この症状は複数の箇所ではなく左右どちらか片方の足の関節に発生します。

 

 

尿酸ナトリウムは体内のどこにでも溜まりますが、特に溜まりやすいのが親指の付け根の関節で痛風の症状の発生頻度は全体の7割だそうです。
その他はかかとや足首、足の甲、くるぶし、ひざなど下半身にも症状が出ることが多く、症状の9割が膝から下を占めています。
下半身だけでなく、ひじ、手首、指の関節などにも症状が出ることがありますが、股関節や肩の関節には通常起こらないそうです。

 

スポンサーリンク

 

【好発部位とはどこかその特徴は?】

 

痛風の症状は尿酸ナトリウムの結晶が関節に溜まる事で起きますが、尿酸結晶が溜まりやすい好発部位には特徴があります。
好発部位とはどこの場所を指し、どんな特徴があるのでしょうか。
温度が低い、良く動かすなど負担がかかりやすい、酸性度合いが高い、たんぱく質が少ないこのような条件が合致する場所の関節が発作の起きやすい場所になるそうです。

 

 

足の親指の関節、かかと、くるぶしなどはこの条件を満たしていて痛風の症状が膝から下だけで全体の9割を占めるのもそのためだと言われています。
痛風の症状が起きやすい場所がどこなのか知っておくことは痛風の早期発見にもつながります。

 

 

【まとめ】

 

痛風の発作が出やすい好発部位がどこなのかある程度知っておくと万が一痛風の発作が出た時すぐに気づくことができます。
予防のためにも好発部位がどこの場所を指すのかぜひ覚えておきましょう。
きっと役に立つはずです。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。