痛風にとって水分の取りすぎは悪影響?

痛風にとって水分の取りすぎは悪影響?

スポンサーリンク

 

痛風の人は水分を取った方が良いとされていますが、水分ならなんでもいいのでしょうか。

 

また水分の量はどのくらい取ればよいのでしょうか。
取りすぎて体に悪影響が出ないように適切な種類、水分量を知りたいものです。

 

 

【まとめ】

 

【種類はなんでもいいの?】

 

痛風は体内の尿酸値が上がる事で発症する病気です。
そのため尿酸値を上げない工夫と尿酸を排出する工夫が必要となります。
尿酸を排出するには水分を取りトイレで排出する方法が効果的だとされていますが、水分ならなんでもいい、取りすぎていいというわけではありません。

 

 

プリン体を多く含む飲料や食料を取りすぎると体内の尿酸値が上がり痛風の発作が出るなど体に悪影響が出ます。
そのため痛風で水分を多めに摂取する必要がある場合はプリン体の多いビールや甘いジュースなどの取りすぎを避け、お茶や水をメインで取るようにしてください。
カフェインの悪影響が気になる場合は寝る前にお茶を摂取するのはやめましょう。

 

スポンサーリンク

 

【取りすぎは体に悪影響?】

 

痛風の人にとって悪影響にならない適切な水分の量とはどのくらいなのでしょうか。
取りすぎて体に悪影響が出ないようちょうどいい量を知りたいものです。
一日必要な量は痛風の人で2リットル程度とされています。
健康な人で必要とされるのが1.5リットルなので健康な人より少し多いくらいの量といえます。
適切な量を取り体の循環を良くして尿酸の排出を促しましょう。

 

 

運動などで大量に発汗した時は尿酸を尿として排出しにくくなり痛風の発作が起きやすくなるので特に摂取を心がけてください。
2リットル以上取ると取りすぎになり体に悪影響が出ます。
健康な人より少し多めを心がけてお茶や水を飲むようにしましょう。
スイカなどカリウムを多く含む果物も尿の排出を促進させる効果があります。

 

 

【まとめ】

 

痛風がある場合は水分の摂り方にも一工夫が必要なようです。
自分の体に合った種類と量を選択して体に溜まった尿酸を効率よく排出するよう心掛けましょう。
水やお茶以外にも尿の排出を良くする食べ物はあるので調べてみてください。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。