心筋梗塞 バイパス 手術 入院期間

心筋梗塞でバイパス手術をした時の入院期間はどれくらい?カテーテルは?

スポンサーリンク

 

厄介な病気の一つに心筋梗塞があり、幅広い年齢層の間で発症するリスクが高いため日頃から気をつけていかなければいけなくなります。

 

心筋梗塞といえば、中高年の方が発症しやすい病気としても知られていますが、最近では若者も発症するリスクが高まっているため注意する必要があります。

 

心筋梗塞が起こる理由については動脈硬化が起きたり血栓ができてしまう事から発症してしまいます。

 

動脈硬化が起きると血管の部分が細くなってしまうため、血液の流れが悪くなってしまい心臓に栄養や酸素を送れなくなってしまう症状であります。

 

血栓については血管内にある脂肪の塊が剥がれ落ちて、それが血管内を塞いでしまうため、心臓に対して酸素や栄養を送る事ができなくなってしまい心臓に大きな負担をかけてしまいます。

 

心筋梗塞の症状については胸部痛・顔面蒼白・冷や汗・息苦しい・血圧低下・不整脈・動悸等があったりします。

 

そのため、上記で紹介した症状が頻繁に起きている場合はすぐに病院に行って診療を受けるようにお願いします。
早期対応が大事となり場合によっては入院する事もあり、入院期間に関しては人によって異なる事もあります。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞の検査については心電図・血液検査・ホルター心電図・血圧検査・心臓エコー・心臓カテーテル検査・心臓核医学検査・胸部CT検査等を受ける事になっていて、これにより心筋梗塞を発症しているかの診断を行えます。

 

緊急性がある場合は手術を受ける事になるため、入院する事になります。

 

バイパス手術をした場合
バイパス手術の入院期間については2週間から3週間弱となっているので比較的に少し長めの入院期間であります。

 

入院期間中は病院で治療を受けていく事になり、人によって個人差があるため、入院期間は早まる時もあれば遅くなる時もあります。

 

そのため、平均の入院期間は2週間また3週間と把握しておくようにお願いします。

 

手術に関してはバイパス手術が効果があり、心筋梗塞の再発を予防また抑制する事ができます。

 

バイパス手術とは特殊な医療機器を使って、詰まっている血栓とかを取り除きながら血管の部分を押し広げたり、別の血管の部分と繋ぎ合わせたりして血液の流れを良くするための手術であります。

 

 

バイパス手術は足の静脈を使ってバイパスを作る方法と内胸動脈等の動脈を使ってバイパスを作ったり、直接血管をつなぐ方法があったりするためバイパス手術は効果ある手術方法であります。

 

カテーテル手術をした場合
入院期間はおよそ3日〜4日ほどの期間になります。
カテーテル手術は本人の負担も少ないため比較的短い入院で済むことがほとんどです。
最近では日帰りという病院も増えてきています。

 

入院期間は治療方法によっても異なります。
あくまでも目安となるもので個人によって異なりますので詳しくは医師の指示に従うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。