心筋梗塞 軽い 入院 治療

軽い心筋梗塞でも入院での治療が行われることがある!

スポンサーリンク

 

心筋梗塞の症状が軽い場合には、投薬治療にて症状を改善させます。
投薬では、心筋梗塞の原因である血液の流れを良くし、血液の流れを妨げる血栓を溶かす作用があります。

 

血栓の進行度合いが非常に軽い場合にのみ利用され、基本的には通院での治療ですが、症状によっては入院にて投薬が行われます。

 

入院では投薬だけでなく、同時に画像診断や血液検査など様々な検査も行われるので、心筋梗塞の進行度合いなども把握出来ます。

 

さらに心筋梗塞は再発リスクが高い疾患のため、再発しないようにライフスタイルの改善指導も行われるので、総合的な治療を入院の場合には受けることが出来ます。

 

ただし、心筋梗塞が軽い場合に用いられる投薬は、非常に作用が強い薬が利用されることから副作用もあります。

 

さらに他の持病がある場合には、持病の治療薬との飲み合わせなどの問題があるので、投薬を行う際に担当医や薬剤師などの医療従事者に事前に申告する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

軽い心筋梗塞の場合には、入院の必要がなく、経過観察や食事療法、投薬などの治療が通常行われます。

 

しかしながら、最近では心筋梗塞の治療で用いられるカテーテル手術などが発達し、身体への負担も少ないことから軽い症状の場合でも手術を行い、心筋梗塞の原因である血栓の除去を行います。

 

軽い症状なので心臓の機能の低下も最小限に抑えることが出来、入院期間も短くて済むので、社会復帰しやすいことも魅力となっています。

 

また、発症していることが多い糖尿病や高血圧といった生活習慣病についても入院中に治療を受けることが出来ます。

 

入院では管理栄養士による食事指導や作業療養士による運動の助言などもあるので、トータルに治療を受けることが出来ます。

 

そして、軽い場合でも手術を受けた場合には、治療費が高額なった際には高額療養制度が適用されるので、費用を抑えることが出来ます。

 

また、一定額以上になった場合には還付金請求も受けられるので、安心です。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。