狭心症 心筋梗塞 症状 違い

心筋梗塞と狭心症の違い/症状は異なる?見分け方はあるの?

スポンサーリンク

 

心筋梗塞と狭心症は、良く似た病気です。
どちらも虚血性心疾患と呼ばれ、心臓に十分な血液が届かない病気であり、胸の強い痛みや圧迫感等、現れる症状も同じです。

 

では違いは何かというと、心筋梗塞は心臓を動かす筋肉、心筋が壊死してしまう病気なのですが、狭心症は心筋が壊死するまでには至らない病気だという大きな違いがあります。

 

心筋は、心臓に血液が流れがなくなることで壊死してしまいます。
ということは、狭心症の場合、かろうじて血液は流れている、あるいは、血液が流れなくなったとしても心筋梗塞とは違い、それは一時的なことであり、すぐに再び流れ出すという病気ということになります。

 

このことは、症状の継続時間の違いにも表れています。
心筋梗塞の場合、胸の強い痛みや圧迫感といった症状は、ずっと続くことになりますが、狭心症の場合は長くても15分程度で治まるという違いがあるのです。

 

以上の違いを踏まえて考えると、狭心症は心筋梗塞を軽くしたような病気だと言えることになります。

 

スポンサーリンク

 

しかし、軽いからといって安心して良いというわけでは決してないのです。

なぜなら、狭心症を発症してしまうと、後々、心筋梗塞を発症する確率が非常に高いからです。

 

従って、症状が治まったからといって安心してはならない病気なのです。
言い換えれば、狭心症を発症した時点で医療機関に赴き、適切な治療を受ければ、心筋梗塞の発症を阻止することができるということになります。

 

壊死した心筋を再生させることは現代の医療においても不可能なことですから、心筋が壊死してしまったら、当然、何らかの後遺症が残ってしまいます。

 

それどころか、命を落とすことも往々にしてあることですから、心筋梗塞の発症を阻止する治療を受けることは極めて重要です。

 

もう1つ注意すべき重要なことがあります。
それは、2つの病気の違いは症状の持続期間だと前述しましたが、そのことに基づいて素人が病気を判断する必要はないということです。

 

心筋の壊死の範囲は、放置すればするだけ拡大します。
症状の継続時間を確認して、もし心筋梗塞だったら、みすみす心筋の壊死の範囲を拡大させることになりますから、症状が出たら、直ちに医療機関へ向かうべきです。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。