心筋梗塞 前兆 めまい

心筋梗塞の前兆「めまい」/気を付けたい症状、メカニズム

スポンサーリンク

 

心筋梗塞とは、冠動脈がふさがり心筋に血液が流れなくなった状態です。
重症になると心筋が壊死し死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

心筋梗塞になる前に前兆があるので見逃さないように注意しておくと良いでしょう。
心筋梗塞になりやすい方は、喫煙、暴飲暴食、糖尿病、高血圧、40歳以上の中高年などが注意が必要です。

 

また、肥満体型で心臓を圧迫している方も注意が必要です。
心筋梗塞の前兆の症状は、めまい、手足のしびれ、吐き気、嘔吐、激しい動悸、汗が大量に出るなどです。

 

めまいが起こるメカニズム

心筋梗塞の原因となる動脈硬化や狭心症などによって心臓のポンプ機能が低下してしまうと血流が悪くなり、頭痛やめまいを起こすことがあります。

 

しかし、このような症状は少しすると治ることがあり見逃してしまいがちです。
また、大丈夫だろうと自己判断をしやすいこともあります。

 

激しい症状が起こった場合にはすぐに救急車を呼ぶか病院へ行きましょう。
日頃から心臓がドキドキ動悸がしたり、めまいや吐き気、汗が大量に出るなどの前兆がある方は、検査をすることをお勧めします。

 

軽い症状でも前兆を見逃さず治療をすると心筋梗塞で死に至ることはありません。

 

スポンサーリンク

 

心筋梗塞の前兆でめまいが起こってもしばらくすると改善してきます。
しかし、めまいを繰り返す時には検査を受けて治療をすることが良いでしょう。

 

心筋梗塞の前兆でも軽いめまいなど初期症状から治療をすると改善する病気です。
治療には、薬物治療や手術があります。

 

また、生活習慣を見直して食事や適度な運動、睡眠などを心がけましょう。
しかし、めまいなどの前兆が起こった時には運動は避けてゆっくり休みましょう。

 

心臓に負担をかけないことが大切です。
また、血流を良くする工夫もしましょう。

 

肥満体型の方はダイエットして脂肪減少、中高年の方は定期的な検査、糖尿病の方は合併症に気をつける、禁煙をする、お酒を控えるなどが重要です。

 

めまいなどの症状があった時は我慢しないですぐに病院へ行くことも大切です。
狭心症になったことがある方や治療をされている方は特に注意をしましょう。

 

前兆に注意しておくと防げる病気ですし、治療をすると改善します。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。