急性心筋梗塞 手術 時間

急性心筋梗塞への手術時間はどれくらい?/方法によって異なります

スポンサーリンク

 

急性心筋梗塞を発症した時には、速やかに外科的な治療が必要になります。

 

手術時間は内容によって異なりますが、いち早く手を付けることがその後の生活への不具合も小さくします。
時間の猶予がないのも心筋梗塞の特徴です。

 

 

【治療の選択が負担に関わる】

 

急性心筋梗塞は、その後の治療によって負担が異なります。
手術にかかる負担も違うので、どのような方法で改善を図るかを伺いましょう。
本人が説明を受けるのではなく、家族が手術についての説明を受けることがあるので、これからの可能性に賭けて、医師の技術を信じましょう。

 

 

急性心筋梗塞の手術は、バイパス手術であれば4〜5時間カテーテル手術であれば1〜2時間かかります。

 

バイパス手術の種類は2つ

 

・オンポンプ手術
心臓を1回止める手術で複数の病気を治療することが可能、複数の病気を治療する時は本人の負担は少なくて済みます。

 

・オフポンプ手術
心臓を止めない手術方法で、本人の負担は少なく合併症のリスクも低い手術方法です。
手術時間はオフポンプ手術の方が短いことが多いです。

 

カテーテル手術は平均して1〜2時間
カテーテルの場合は切開しない方法になりますので時間は短くなります。
早くて30分、症状が重くリスクが高ければ5〜8時間ほどかかることもあります。

 

 

早期に対応できるほど、二次的な障害を起こさない期待が膨らみますし、その後の生活に戻れるタイミングも早くなります。

 

 

【周囲の行動が命に関わる】

 

急性心筋梗塞を起こしてしまうと、自分ではどうすることもできない事態へと発展します。

 

ですから、周囲が気付いて病院に繋ぐことが大切です。
いくら手術の技術があっても、医療機関に行くまでに息絶えてしまうと、命を救うことはできません。

 

 

周囲の行動が未来に関わることを周知し、迅速な行動を心掛けるべきです。
もしも急性心筋梗塞の疑いがあると判断したのであれば、速やかに救急車を要請しましょう。

 

スポンサーリンク

 

【時間に対する緊急度が高い急性心筋梗塞】

 

急いで対応しなければならない事態に発展しやすい急性心筋梗塞
決して命を救うことが難しいものではありませんが、原因の特定と速やかな処置に慣れていないところでなければ、対応の遅れが今後の生活にも影響します。

 

 

もしも急性心筋梗塞の疑いがある場合には、すぐに対応してくれるところを見つけておきましょう。
まずはかかりつけとして対応してくれるところを見つけておくと、時間的負担を最小限にすることができるはずです。

 

 

【まとめ】

 

急性心筋梗塞で手術を受ける場合には、術式によって負担が異なります。
速やかに対応してもらうための繋ぎの作業は、周囲の人がしなければなりません。

 

時間に追われる時に焦って対応するのではなく、日頃からリスクを踏まえて行動できるようにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

心筋梗塞後、心筋梗塞のリスクが高い人でも入れる生命保険

心筋梗塞後、生命保険に加入するのは基本的には難しいです。どうしても制限されてしまいます。
しかし、生命保険に加入することが出来ます。
この保険の種類を引受緩和型保険と言います。

一般的な保険よりは割高になりますが、遅くはありません。加入することが出来ます。
一定の条件はありますので保険のプロに相談を検討してみてはいかがでしょうか。

オススメの保険相談所を紹介しておきますので参考にしてみてください。

店舗に行くのはめんどくさい…自宅や近くのカフェなどで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅などの外はちょっと…、信用出来る店舗に行って相談したい人はこちら→LIFULL保険相談

外出するのが難しい人には保険見直しラボ、実際に店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。